kiaorakanaの日記

写真を撮る人

透き通る声に

2016年11月21日

Jungle Smile 「ジャンスマ、成人式」

東京キネマ倶楽部にて

 

もう会えない、と思っていた。

 

そんなキャッチコピーがピタリとくるほど、

私の青春の中心にあったのに

気づけばもう会えない存在になっていたジャンスマ

 

最後のシングル『抱きしめたい』がリリースされたのは確か、

私が高校生の時だった。

その頃たった一度、ジャンスマのコンサートに行ったことがあった。

地元のホールの後ろの方の席で、

メンバーの顔もほとんど見えなかったけど

すごく幸せだったのを憶えている。

 

当時はまだインターネットも気軽に使えなくて

情報のほとんどはラジオから得ていた。

録音したラジオを擦り切れるほど聴いた。

例えでもなんでもなくて、

お気に入りのラジオテープは

本当に擦り切れてもう聴けなくなってしまった。

 

テレビにもほとんど出ていなかったから、

出演したテレビを録画して何度も観たし、

CMのタイアップが決まった時は

流れる度に食い入るようにテレビの前で

耳を澄ませていた。

 

 

デビュー20周年のこの日、

ステージに現れた郁乃ちゃんとゐさおちゃんを見ても

正直なところピンと来なかった。

しかし、1曲目の『片想い』の郁乃ちゃんの声を聴いて

確信した。

あの当時、毎日聴いて真似して歌っていた

あの、ジャンスマが目の前にいるのだと。

 

叶わない恋だと知ってても いつもいちばん近くで君を見てた

 

このフレーズが終わる頃にはもう、

涙が止まらなかった。

自然と溢れて気付けば泣いているとはこのことで、

思い入れのある曲ばかりが歌われて

あの当時と変わらない郁乃ちゃんの声がここに響いてて

本当に包まれているのだと思った。

 

コンサートで泣くことはあっても

終始、泣いてしまうとは思ってもいなかった。

声を出してしまいそうになったくらいだった。

 

 

私がジャンスマと出会ったのは中学2年生の夏の少し前だった。

人生でいちばん「多感なお年頃」と呼ばれるにふさわしい時だった。

ラジオから流れてきたその曲がとても耳に残った。

 

『小さな革命』

 

透明感のある歌声と

独特な発声の歌い方にとても惹かれていった。

私もこんな風に歌を歌えるようになりたいと

その瞬間に思ったのは言うまでもない。

 

ジャンスマに出会ったそのすぐ後、

さらに運命的な出会いを果たすのだけれど、

このタイミングで『おなじ星』がリリースされた。

ラジオのパワープッシュに選ばれたり、

メディアにも取り上げられる回数も多かったからか、

少し意識をするだけで

あちこちで耳にすることができたのだった。

そしてこれをきっかけに

さらにジャンスマという人たちをさらに好きになるのだった。

 

とはいえ中学生のお小遣いで買えるCDの枚数は多くなくて

大人になった今でさえも

全てのCDを買い揃えることができなかった。

全部買って、全部を思えることはできなかったけれど、

手にできた音源は今も日常的に聴いている。

 

夏になると聴きたくなる曲もあるし

冬になればやはり、『白い恋人』を聴きたくなる。

 

ジャンスマはいつも、季節に、人生に寄り添ってくれていた。

これまでもそうだったように

これからも変わらないだろう。

思い出の中にも雪が降る

雪が降ると

会いたくなる人がいる

 

雪が降ると

思い出すひとがいる

 

雪が降ると

必ず思い出す朝があるの

 

雪が降ると

夢が叶った日

ずいぶん前に書いていたブログを

なんとなく読み返していたら

自分の結婚式でこの曲流したい!と書いていた曲があった。

 

AIR MASTERの『Re'birth』

 

私の記憶が定かであれば

確か結婚式の最後の方で曲を流したんだった。

あの日の夢、叶っていたんだね。

雨降る夜に。

かつて恋した人が言っていた。

 

ふたりでひとつの傘に入る時、

肩が濡れている方が相手に惚れているのだと。

 

私の傘を閉じてた彼は

肩も背中もひどく濡れていた。

それなのにとても嬉しそうに笑いかけてくるから

思わず笑っちゃったじゃない。

 

届かないありがとう

ひとりぼっちに慣れたと
言い聞かせて
もう何年が経ったろうか。

その何年かの間に
恋人も出来たし、同棲だってしてきた。
でも何故だろう、
いつだって心のどこかで
孤独と葛藤する日々だった。

あの頃、長く付き合った彼と別れた。
私たちは、いわゆるマンネリを超えられなかったのだ。
一人暮らしに慣れてきた大学生活に
刺激が足らなくなってしまったのだと
今ならハッキリと分かる。

彼と別れて、しばらくひとりでいた。
長く一緒にいたから
嫌になってしまった部分も出てきた。
そんなのを挙げたらキリがなかった。

だけど、
ふと振り返った時に
彼からたくさんの愛情を貰っていたことに
初めて気づいた。

何度も書き直した手紙と
知らない間に重くなっていた貯金箱には
私を想ってくれていた彼がいた。

何も返してあげられなくてごめんね。

もう何もしてあげられない代わりに
遠くからでもずっと
あなたの幸せを願っているよ。

スーパースターになった

7年程前、好きなバンドが出来た。

当時、奇跡の生還を果たした直後で
本来ならば自宅療養をしているべきところだったろうが
働かなくていいという免罪符をかざし、
私は自由を謳歌することにしていた。
そうでもしていなければ正気でなんていられなかったからだ。

彼らは地元のバンドで
しかも同い年だった。
つまりはどこから攻めても友達の友達の距離にいる人たちだった。

親近感と親心のような気持ちもあり
時間の許す限りライブへと足を運んだ。
ファン友達も増えて
いつか武道館でライブが観たいねとか、
ファンクラブ作っちゃおうかなんて話を
ライブ後のメンバーも交えて話してたのを覚えてる。

それから4年後
彼らは大勢のファンを連れて
武道館のステージに立っていた。

スーパースターになったら

なんて歌っていたけれど、
正真正銘のスーパースターだった。
その瞬間、他の誰よりも輝いていた。

連れてきてくれてありがとう。

大丈夫という、嘘。

久しぶりに胸が痛くなった。

とでも言えば
恋を想像させるだろうか。
でも実際のところ、
比喩でもなくて、左胸の奥が痛んで
息が出来なくなりかけて
思わず死を覚悟した。

7年前の秋、
私の身体は一度死んだ。
そして生き返ることと引き換えに
痺れが残った。
左胸を触るときは
今でもそっとでしか触れない。

一日を振り返っただけでも
何度か痛みがあったことを思い出した。
でも大丈夫だと言い聞かさせて
痛みが和らぐのを待った。
そしてついさっき、大きな波に飲まれた。

生きることに未練はあるけれど
一度死んだ身体で
おまけを生きているんだと思えば
随分長いおまけだと思える。
まだまだ生きるにしても
失うものなんてないのだと知っている分
とても強くなれる。

 だから私は大丈夫。
何があっても、大丈夫だよ。