読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kiaorakanaの日記

写真を撮る人

届かないありがとう

ひとりぼっちに慣れたと
言い聞かせて
もう何年が経ったろうか。

その何年かの間に
恋人も出来たし、同棲だってしてきた。
でも何故だろう、
いつだって心のどこかで
孤独と葛藤する日々だった。

あの頃、長く付き合った彼と別れた。
私たちは、いわゆるマンネリを超えられなかったのだ。
一人暮らしに慣れてきた大学生活に
刺激が足らなくなってしまったのだと
今ならハッキリと分かる。

彼と別れて、しばらくひとりでいた。
長く一緒にいたから
嫌になってしまった部分も出てきた。
そんなのを挙げたらキリがなかった。

だけど、
ふと振り返った時に
彼からたくさんの愛情を貰っていたことに
初めて気づいた。

何度も書き直した手紙と
知らない間に重くなっていた貯金箱には
私を想ってくれていた彼がいた。

何も返してあげられなくてごめんね。

もう何もしてあげられない代わりに
遠くからでもずっと
あなたの幸せを願っているよ。