読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kiaorakanaの日記

写真を撮る人

クリスマスが終わる夜

もう10年ほどの時間が経つだろうか。

あの頃、12月25日は毎年渋谷にいた。

 

恋人とのデートでも

友達とのパーティーでもなくて

いつもひとりでライブを観に行っていた。

 

私はあの頃も今も、

毎年ひとりでクリスマスを迎えていた。

 

毎年、渋谷にある同じライブハウスに

好きな人に会いに行っていたんだった。

5階までの階段を

息を切らせながら上って

最後の最後、階段の終わりが見える頃に

好きな人のポスターが並べられていて

いつだってそれを見つけるのが好きだった。

いつからか習慣になっていた。

 

楽しい時間を過ごした後、

外の冷え切った空気の中を駅まで足早に歩く。

これもまた、習慣だった。

 

駅前のイルミネーションはどれも外されて

お正月飾りに替えられていく。

信号待ちをしているその間にも

煌びやかな電飾は光を失っていった。

 

まだクリスマスの夜なのに。

私にはサンタさんは来ていなかったのに。

 

いつだってクリスマスは私に冷たい。

余韻に浸る間もなく

残りの今年を

来年の装いの街で過ごしていく。