読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kiaorakanaの日記

写真を撮る人

拝啓、気まぐれなあなたは。

半月ほど前から、

忙しくなることを知っていたけれど、

彼からの連絡がほとんど来なくなるなんて思ってもみなかった。

 

もちろん理由は分かってるから

何か疑うようなことをするわけでもないし

ただ待つと決めた。

下手なことをして離れてしまうよりは、

何もせずに待つことを選んだのだった。

 

連絡も1日1回来るかどうか、

会話になるようなものはほとんどない。

 

本当ならば些細な出来事さえも共有したかった。

 

一緒に買いに行った焼きそばをひとりで食べてしまったこと

脚を捻ってしまったこと

シリアルにハマっていること

実家に帰ったこと

家族のこととか

 

なんてことのない他愛もない会話をして

ふたりで笑い合いたい。

愛おしいと思われたいし

守りたいとも思われたい。

 

そんな幸せを噛み締めたい。

 

私の夢は

彼と家族になること。

気を遣わずとも一緒に居られる関係になりたい。

そんな願い全てをぐっと飲み込んで、

翌日か翌々日に来るであろう連絡を

ただひたすら待っている。

 

せめてもの願いがあるとすれば

健気に一途でいることを

笑わないで知ってほしいということだろう。